ようこそ ゲスト 様

  • ログイン
  • マイページ

あなたのお気に入り

+ 新規会員登録はこちら
 ↑もれなく200ポイント進呈中↑

カート

  1. トップ
  2. 倉敷帆布について
  3. 倉敷帆布を織りなす人々・思い(インタビュー/渡辺 国弘)
倉敷帆布を織りなす人々・思い

「倉敷帆布」は今も昔も多くの人の手で守られてきました。

機械を守る人、糸づくりに命をかける人、地道だけど大切な技をコツコツ続ける人。
そうして出来上がった倉敷帆布の価値を伝え、販路を開拓する人。会社を守る人。

操業から百余年を経た今、倉敷帆布を支える人々の思いをまとめました。

渡辺 国弘(倉敷帆布工場長)

倉敷帆布は両端の耳の美しさが特徴。
そこで、もっときれいに出せるようにと考えたら、
幅の狭い織り機そのものを、自分で設計、溶接までして作ってしまいました。
シャトル(杼)も特注です。

帆布をつくる仕事のはずが、新しい機械までつくるなんて自分でも驚きです。

うちで使っているシャトル織機はもう生産されていないので、
いまある織機をとても大事にしています。壊れたら自分で直してしまいますし。
やっぱり帆布を織る仕事が好きじゃないとできないですよ。

幅が狭いと織り上げる効率も悪いんです。
でも、効率よりも、誰にもできない良いものを作っていきたい。
そのほうが大変かもしれないし、手間もかかる。
だけど、よそにできないものを作った方が面白いじゃないですか。

渡辺 国弘(倉敷帆布工場長)

社員全員が倉敷帆布の伝統を守りながらも新しいことに挑戦し、
他にないものを目指して意見を交わす。
すべてに工夫を凝らすことができるから、とても楽しいですよ。

ぜんぶ自分たちでこだわっているもの。そんな愛着をもって作りあげているもの。
それが倉敷帆布です。

まだまだこれからも私たちにしかできないものを作り続けていきます。

丸進工業株式会社 倉敷帆布工場長 渡辺 国弘

 

名越 将(整経工程(織布準備責任者)) 塚本 ワサエ(経通し工程) 武鑓 篤志(代表取締役社長)

 

倉敷帆布についての目次に戻る