ようこそ ゲスト 様

  • ログイン
  • マイページ

あなたのお気に入り

+ 新規会員登録はこちら
 ↑もれなく200ポイント進呈中↑

カート

  1. ホーム
  2. セルヴィッジフラップトート プラス & クラッチ プラス
セルヴィッジフラップトート プラス&セルヴィッジクラッチ プラス


ちょっと上質、がちょうどいい

船の帆に用いられる厚手で丈夫な4号帆布を、両端のセルヴィッジを活かして包み合わせ、革と組み合わせ、ちょっと贅沢な一枚仕立てに仕上げました。クラッチは両端を縫い合わせたシンプルなデザインで、革と生地の風合いをたのしめます。フラップトートは、持ち手が肩にかけられるちょうどいい長さで、フラップやサイドを内側に入れると、別の表情もたのしめます。



特徴1:5つのこだわり
こだわり1:思い

1888年創業の倉敷帆布では、希少となったシャトル織機を使用し、職人によって一つひとつ丁寧に帆布を織り続けています。国産帆布の生産量日本一を誇る倉敷帆布から生まれた、新しいスタンダードです。

こだわり2:形

1枚の帆布を包み合わせ、そのまま鞄に仕上げました。黄金比で作られた、余計な装飾のない形は、飽きることなく使い続けられるシンプルなデザインです。

こだわり3:セルヴィッジ(帆布の耳)

シャトル織機で平織りすると、帆布の両端に美しいセルヴィッジ(生地の耳)が生まれます。帆布の織り幅をそのまま使うことで、セルヴィッジもそのまま活かしました。

こだわり4:国産

品質保証タグに印された(A)マークは、厳しい旧JIS規格をクリアした国産帆布のみに許された、1級帆布と呼ばれる最高品質の証です。

こだわり5:エイジング(経年変化)

天然素材だけで作られた倉敷帆布は、耐久性や通気性に優れ、使い込むほどに自然な味わいが生まれます。船具に用いられる丈夫な4号帆布の1枚仕立てなので、他には真似できない経年変化が楽しめます。


工場画像




特徴2:4つのカタチ

セルヴィッジフラップトート プラス(S)セルヴィッジフラップトート プラス(M)セルヴィッジフラップトート プラス(L)セルヴィッジクラッチ プラス


特徴3:4つのカラー

セルヴィッジフラップトート プラス&セルヴィッジクラッチプラスのカラー展開

 

ディレクション&デザイン | F-INC.(株式会社エフインク)

F-INC.(株式会社エフインク)

萩原房史により1990年に設立。
企業のブランディングや、商品企画をはじめ、店舗デザイン、Web・グラフィックデザインまで包括的なブランディングの推進を行う。
[セルヴィッジ フラップトート & セルヴィッジ クラッチ]は、120年以上の歴史をもつ倉敷帆布が提案する、帆布の新しいカタチとして、倉敷帆布× エフインクの共同開発により実現。