ようこそ ゲスト 様

  • ログイン
  • マイページ

あなたのお気に入り

+ 新規会員登録はこちら
 ↑もれなく200ポイント進呈中↑

カート

  1. ホーム
  2. JOBU(ジョーブ)
  3. JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)

JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)

 JOBU(ジョーブ)

JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)
JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)
JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)
JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)
JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)
JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)
JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)
  • JOBU(ジョーブ)|CUTLERY-CASE[カトラリーケース](M)
  • 灰白(カイハク)

    SOLD OUT お問い合わせフォームへ

    再入荷時期未定

  • 紅花(ベニバナ)

    ¥4,104-(税込)

  • 芥子(カラシ)

    SOLD OUT お問い合わせフォームへ

    再入荷時期未定

  • 墨紺(スミコン)

    ¥4,104-(税込)

  • 藍(アイ)

    ¥4,104-(税込)

  • 有料ギフトラッピング



◆商品情報

本体サイズ 縦:約6cm 横:約35cm マチ:約9cm
※収納部分(内寸)縦:約4cm 横:約22cm マチ:約7cm
カラー灰白(カイハク)/紅花(ベニバナ)/芥子(カラシ)/墨紺(スミコン)/藍(アイ)
品質【素材】4号綿帆布、牛革(ひも部分)
【生地生産】日本(岡山県倉敷市)
【縫製】中国(大連)
ご注意 お使いのディスプレイ、ブラウザによって、色目が実物と若干異なる場合がございます。

ふたが大活躍のカトラリーケース

ふた付きで持ち運びにも便利なカトラリーケース。
二枚のふたを重ねて革ひもで留めれば持ち運びやすく、重ねて収納することもできます。
テーブルの上に出しておく場合も、ふたを閉じればホコリからカトラリー類をガードできます。

ペンケース、道具箱としても活用できます

厚手の帆布でしっかりと仕上げていますので、文具入れ、道具箱としても使うことができます。

JOBU(ジョーブ) カトラリーケース サイズ


■JOBUのパッケージについて

JOBUの商品は専用のパッケージにお入れしてお届けします。


JOBU製品に関するご案内

JOBUの生地は、現在は廃番となった「シャトル織機」を今でも大切に使いながら織っています。シャトル織機ならではの昔懐かしい風合いが楽しめる一方、シャトル織機により生じる生地の特徴があります。
本製品は帆布の風合いを活かしたデザインのため、以下の点に予めご理解を頂きたくご案内申し上げます。

●帆布の耳部分にできる凹凸について
本商品は帆布そのものの風合いを活かしたデザインを採用しています。
シャトル織機の特性上、緯糸の切替時に写真のような凹凸ができる場合がございます。

●帆布にできる織りムラについて
倉敷帆布は昔ながらの製法と機械を守りながら生産しており、糸のつなぎ目やシャトル織機を休ませた後などに、まれに織りムラ(横筋・凸)が生じる場合がございます。


■JOBUのための専用帆布

JOBUでは、アイテムごとに”厚み”と”幅”の異なる生地を用意し、それぞれの用途に適した生地を選んでいます。

JOBUの帆布は先染めの綿帆布を使用し、カラーは全5色です。


ブランド紹介 | JOBU(ジョーブ)

JOBU(ジョーブ)

JOBUは倉敷から生まれた帆布のプロダクトシリーズで、主にキッチン雑貨・インテリア雑貨・ファッション雑貨など、日用品を展開している。
100年以上帆布を織ってきた技術と知識で丁寧に仕上げた、高品質の帆布を使用。
帆布をつくり続けてきた知識をいかし、やわらかさと堅さの適材適所を考え様々な厚みや幅の生地を使い分けて商品を製作している。頑丈で質の高い帆布ならではの、時代をこえて永く使い続けられるプロダクトを目指す。

  

  

ディレクション&デザイン | DRILL DESIGN(ドリルデザイン)

DRILL DESIGN(ドリルデザイン)

林裕輔と安西葉子により2001年に設立。
プロダクトデザインを中心に、グラフィック・パッケージ・空間デザインなど、カテゴリーを超えてデザインとディレクションを行う。ブランディングデザイン、素材開発など、カタチをつくる以前の段階からプロジェクトに参加することも多く、クライアントと共に新しいデザインの可能性を広げている。Red Dot Design Award、Good Design Special Award、など受賞歴多数。